スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブロック・メタモルフォーゼ(5) 続続続

画像#0132は#0131を直線的にしたものです。
Layout-0136
画像V-0136
ブロック塀の印象を決めるのは、レイアウト、ブロックデザイン、建物、周辺の状況だけでなく、樹木や花も大きな要因ですね。ちょうどよい時期に撮影できてよかったです。

画像#0133
Layout-0137
画像V-0137
ブロック塀の上に置かれる笠木や瓦は、使われているブロックのデザインが伝統的な模様の場合にはよくマッチしていることが多いですが、この塀のように、デザインが幾何学的な模様や現代風の模様の場合にはむしろ無い方がスッキリしていることがあります。
遠くから離れて見ると、#0132とのブロックデザインの差はわかりません。近くで見るときは、仕上げの粗さ、丁寧さがポイントです。この塀は丁寧な仕上げでした。

画像#0134
Layout-0138
画像V-0138
折角のブロックデザインが見え難いですよ。塀の高さをもう少し低くした方がよいと思います。

画像#0135
Layout-0139
画像V-0139
ブロック塀の仕上げの粗雑さ・丁寧さは、1.メジが均一に埋められているか、2.余ったコンクリートをきれいに取り除いているか、3.塀全体にわたってメジの垂直・水平がきれいに保たれているかを見ています。粗雑な仕上げが見つかっても、どこにも苦情を言う訳ではないのですが。。。

画像#0136
Layout-0140
画像V-0140
ブロック塀の上に置く雨よけを「笠木」と呼びます。昔、木塀を使用していたころの名残なのでしょうか? この「笠木」もいろいろなデザインがあって、見ていて楽しいです。
ブロック以外の「笠木」としては、よく瓦が用いられます。木材を使用するのは珍しいです。

画像#0137の使用例です。
Layout-0141
画像V-0141
ブロック塀の最大の弱点は時が経つと黒ずんで汚く見えることだと思います。それ意外に、メジの部分が白っぽく浮き出てくることもあります。逆にメジ部分にゴミがたまったり、コケが生えたりして黒っぽく見えるのもあります。造成当初の美しさをいつまでも保つことはできないようです。

画像#0138と#0137の違いは四分円の間がせまいことです。
Layout-0142
画像V-0142
四分円の孤同士の間が狭いデザインのブロックは、探しても見つけにくいし、実際、全国的に数も少ないようです。このブロックを4個使ってできる円のブロック塀を見たい!と思ってずーっと探しているんですけど、ずーっと空振り続きです。

画像#0139 ここから四分円4個の組み合わせのデザインとなります。
Layout-0143
画像V-0143
やや控えめな塀を意図したのであれば、背景とも釣り合っていますし、ご期待通りのものができたのではないでしょうか。
しかし、デザイナーの狙いどおりでしょうか。
私は、デザイナーは2~数段積み重ねて、四分円が繋がり、第二の模様が表れることを狙ったと思います。塀としては派手になり、背景とは釣り合わないでしょうが、空間がワーッと広がり、広大無辺の世界が出現するはずだからです。

画像#0140 #0139と同じモチーフですが、こちらは第二の模様の形が少し違います。
Layout-0144
画像V-0144
面の広がりという点からすれば、物足りない気がします。

画像#0141 ここからは対い(むかい)合う四分円ブロックの使用例です。
Layout-0145
画像V-0145
建物は都会の郊外にある新興住宅といった雰囲気があります。瓦屋根でないこともその雰囲気を助勢しています。
ブロックのデザインも塀のレイアウトも背景とよくマッチしています。


今回はスッキリ、さっぱりしたところでページを閉じます。
以後、次回に続きます。
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

ブロック・メタモルフォーゼ(5) 続続

前日の続きです。


画像#0122の使用例です。
Layout-01
画像V-0126
塀にはモルタルが吹きつけられていて、飾りブロックとの対比がより鮮明に見えます。

画像#0123の使用例です。ブロックデザインが#0121と変わって見えるかもしれませんが、モチーフは同じです。水平を強調するか、垂直を採るかの違いです。
Layout-0127
画像V-0127

画像#0123も、#0122と違うデザインに見えるかもしれませんが、両者は、縦と横の強調の違いだけで、モチーフは同じです。
Layout-0128
画像V-0128
画像V-0126と較べると、言ってみれば、ブラインドをオープン状態にしているか、クローズド状態にしているかの違いのようです。どちらを好むかは人それぞれですが、”目立つ”あるいは”遠くからでも見えやすい"という点からはV-0126のほうに軍配が上がります。

ブロックには右回り系と左回り系があり、これについては別のページでご紹介します。このブロックは、私が勝手に決めたルールにより、左系です。
Layout-0129
画像V-0129
ブロック塀の向きは、通常、外面をよく見せるように造られ、人通りや車の往来の多い方にブロックの飾り面が来るようしていることが多いようです。
このお宅の場合、往来の多い側の塀には2種類のブロックを使用して外面を見せていますが、大半は平面の基本ブロックが使用されています。一方、画像の左側の塀の面は凸凹の化粧版風の模様をもつブロックを用いています。
基本の平面ブロックを使った理由が、敷地の範囲を主張している#0125のデザインを活かすためだったら、この塀をレイアウトした人はすごいなぁと、思いました。

この塀のブロックは上の#0125と同じモチーフで、こちらは右系になっています。
Layout-0130
画像V-0130
同じモチーフでデザインされた右系・左系のブロックが、一つの地域で競い合いように、塀造りに使用されていたら見る側は楽しいだろうと思います。しかし、片方のデザインがその地域のある範囲で使用されることはあっても、両者が共に使用されることは、残念ながら、ないようです。

画像#0127は同じモチーフでも曲線で表現するとこうなるという例です。もしかして#0125~#0128は「霞紋」を表現したものかもしれません。
Layout-0131
画像V-0131
非常にユニークなデザインですが、遠くからは目立たないようです。これをいくつか使って第二の模様が表れるようにすれば面白いかもしれません。

画像#0128もなかなかユニークです。これまでご紹介してきたブロックは「透かし型」と呼ばれるもので、表現したい図柄を”実態”として浮き出させています。
これに対して#0128は表現したい図柄を「型抜き型」あるいは「地抜き型」として表現したものです。
Layout-0132
画像V-0132
こちらの使用例では下段2列に一つ置きに積まれています。案外面白くなっています。
図柄を対い(むかい)合わせにして、繋ぎ型に使用すれば連続した波線模様が表現できそうです。利用者が増えるといいですね。

画像#0129は階段を想起させるデザインですが、画像#0123の中央の縦棒を横に寝かせて棒の長さを長短逆にすれば、このブロックデザインができます。つまり見る側にとって、これも同じモチーフの一つと考えることができます。
Layout-0133
画像V-0133
個人的には図柄の上下の変動幅がもう少しほしいと思いますが、塀としては取り立ててよくもなければ、逆に悪くもない。これはこれでよろしいのではないでしょうか。

上の#0129の階段状の両端を90度上下に曲げたデザインです。これは枠の名kを斜めにすると次の#0131あるいは#0132へと変化する起点にもなっています。
Layout-0134
画像V-0134
このブロックのようにはっきりした図柄は離れていてもはっきりと見え、ブロックとブロックの間が開いていても間延びして見えることはありません。
このブロックも連続して並べると面白い第二の模様が現れそうです。

ユニークさランキング・ベスト10入りしそうなデザインです。
Layout-0135
うまくまとめているようです。画像V-0135
このデザインでのブロック塀のレイアウトは難しいかなと思っていましたが、使用例ではうまくまとめているようです。でもこれでは折角のデザインが活かされているとは言い難いきがします。
うまく組み合わせると以下のような第2の模様が表れます。(ユニットだけをご紹介します。)
My_Layout-0001  My_Layout-0002  My_Layout-0003
画像MyLayout-01      画像MyLayout-02     画像MyLayout-03

My_Layout-0004  My_Layout-0001
画像MyLayout-04      画像MyLayout-05

このレイアウトの方が、見て楽しい と思います。ただし、強度や耐震性は全く考慮していませんので、悪しからず。


次回に続く。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

プロフィール

tacf

Author:tacf
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。