スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四角ブロックと細長ブロック(1)

私たちが普段目にするブロックは、縦横比1:2の長方形のものが多いと思います。このサイズは約20cm:40cmです。
これに対して縦、横ともに約40cmの正方形のブロックがあります。
北海道から九州にいたる範囲では圧倒的に長細型が多いのですが、沖縄では四角型も結構よく目にします。
海外では、一概には言えませんが、どちらかというと正方形型が多いようです。
両者はデザインの考え方が同じで、対応するものが数組あります。それらを見てみましょう。

まず画像1は「枠」状のものです。

正方形枠   垂れ角
画像1 正方形の枠         画像2 長細四角の枠


突出型   テーパー型   二段(内側が狭い)
内側が突出している         内側がへこでいる           段落ち(内側が狭い)

二段(内側が広い)   内切り角   内隅丸角
段落ち(内側が広い)        内隅切り角タイプ           内側の角が丸いタイプ

内隅入り角   溝付きタイプ
大夫角タイプ             溝付きタイプ

画像1はもっとも単純な形で家紋風の呼び方をすれば「平角」ですが、構造的に弱いのかそれともデザイン的にもの足りないのか、使用例は少ないようです。
画像2は飾りブロック(穴開きブロック)として最初に登場したものです。家紋風にいえば「垂れ角」です。
このデザインのブロックは、枠の太さが異なるバリエーションが結構多いです。それ以外にも枠に凹凸をつけたり、溝をつけたり、段落ちにしたり、あるいは内側の角に変化をつけたりしたものがたくさんあります。


【追記】
都合により、明日から10日あまりブログをお休みします。
2月10日ごろから再開しますので、引き続きよろしくお願いします。

              ─ 運営者 ─
スポンサーサイト

青海波模様の塀と壁(2)

青海波模様は伝統的模様の一つとされ、いろいろなものに適用されていますが、茶碗などの工芸品や着物などの意匠には今も使われていて、目にすることも多いと思います。

その「青海波」の起源にはいろいろ議論があるようです。
そのひとつに、ペルシャを起源として世界中に広まった。東アジアにはシルクロードを通って中国、韓国そして日本に伝わったとされています。

ブロックのデザインとしては、このブログの前の項にも示したように、「青海波」模様を意匠化したものとみる方が納得しやすいのではないでしょうか。ちなみに、ブロック模様としての「青海波」以外の呼び名では「三つ山」というのがあります。

それではこの青海波模様の塀/壁は世界中に見られるのでしょうか。
韓国には、前回紹介したもの以外にも青海波あるいは波紋と思われる塀がありました。
日本の沖縄にも同じ表現は見られます。さらにイタリア、ギリシャ、ジンバブエにもありましたのでご紹介します。

波紋による塀(韓国)
画像1 波紋をモチーフにした塀(韓国)
この塀は青海波模様ではありませんが、この波線は潮の満ち欠けを表しているのでしょうか。

青海波模様の塀(沖縄)
画像2 青海波模様の塀(沖縄)
伝統的模様の青海波と正方形型の幾何学的模様の対比を撮りたかったのですが、画像が歪んでしまいました。写真もヘタクソです。

パンテオン神殿内壁(イタリア)
画像3 パンテオン神殿内壁(イタリア・ローマ)
この神殿のすべてが再建された(AD120)当時のままかどうかはわかりませんが、このような古い遺跡の中にも青海波模様は使用されていたんですね。ちなみにこの神殿はドーム部に古代ローマのセメントが使用されていることでも知られています。

チボリ公園散策路(イタリア)
画像4 チボリ公園散策路(イタリア)
”底”を張り付けたような半円形を積み重ねています。庭園内の通路に、かなりあちこちに、造られていました。

青海波模様の塀(ジンバブエ)
画像5 ヴィクトリア瀑布に行く途中の住宅地の塀(ジンバブエ)
移動中のバスの中から撮ったもので、画像が見辛くてすみません。波の重なりが一重ですが、連続模様であることは分ります。

青海波模様の壁と塀(1)

青海波図案  青海波ブロック
画像1                 画像2

画像1を見て、この模様の名前を知らない人でも、茶碗や着物の柄として見たことのある人は多いでしょう。
呼び名は「青海波(セイガイハ)」と言って、伝統的文様の一つです。
これをブロックのデザインに用いて造られたのが画像2のブロックです━と、私は考えています。
この青海波ブロックは日本全国どこに行っても見られるという超人気モノなんです。その1例を画像3に示します。「あー、見たことある!うちの近くにもこんなのある!」という方も多いと思います。

02503039.jpg
画像3


今回の韓国ツアーの目的は世界遺産を見ることと、韓国に青海波模様の壁/塀があるかどうかを下見することでした。
結論から言いますと、日本式の青海波ブロック塀は見当たりませんでしたが、青海波をモチーフにした壁も!塀も!ありました。その例を紹介します。

瓦で造った青海波模様の壁
瓦を薄く切って、青海波をイメージして造られた壁

青海波をイメージして造られた土塀
青海波をイメージして造られた土塀

瓦を使った塀(2)

瓦を使った塀造りに大いに興味をひかれました。あと2枚お付き合いください。(実はこのあとに興味をひかれたワケが登場するのですが...)

瓦の組み方がおもしろいです。
画像 1

これも塀?
瓦の塀

瓦を使った塀

私は学生時代よく奈良に行き、東大寺や薬師寺や法隆寺などを見て歩きました。奈良を訪れる外国の観光客のお手伝いのまねごとみたいなことをしたかったのですが、もともと子供のころから考古学的なことが好きだったこともあります。
お寺には土塀や漆くい壁があり、いやでも目に焼きつきます。

すっかり懐かしく、嬉しくなり、ツアーの遺跡巡りのガイドさんの説明も上の空で聞き流して、寺の建築様式や塀の写真ばかり撮っていました。
この画像の塀は瓦と土で造られています。ただし時代は新しいもので、観光用に造られたものだと思います。

瓦と土の塀

ひんぷん?

木で造られた柵の向こうに小さな土と瓦の塀がありました。
ウン ? これに似たものを沖縄でも見たゾ。
沖縄では、門と母屋との間に造られた小さな塀を”ひんぷん”と呼び、眼隠しや魔除けのために造られるそうですが、韓国ではどうなんだろう?

土と瓦で造られたひんぷん(?)

土塀

韓国の世界遺産ツアーに行ってきました。
お寺などを巡るコースが主だったのですが、途中で懐かしいものを見ました。
私の子供のころは国内でも、家の壁も塀も、土で造られたものがいたるところにありましたが、今はほとんどなくなりましたね。
おかげで昔にタイムスリップし、しばし子供のころの家の周囲や友達の思い出に浸りました。

韓国旅行で見た土塀
プロフィール

tacf

Author:tacf
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。